近年のお葬式の供養品におけるバリエーション

お葬式の粗供養品としては、お茶や石鹸などは定番の品であり、今でも人気アイテムの一つです。購入するルートも、対面式でのやり取りが出来て、お届けを確実に行う大手百貨店やギフト販売会社に一括して依頼することが一般的でした。しかし、インターネットの普及により、大手通販業者でも供養品を取り扱うようになり、バリエーションも多様になってきました。供養品の種類も、ライフスタイルに合わせて多様になっています。

商品券という形で、香典返しをする方も増えてきています。品物にすると好みの問題が出てくるので、この方法であれば相手側からも喜ばれやすいです。大手流通グループや全国展開している飲食店のものだと、より使いやすいでしょう。

カタログギフトという方法もあります。これはもらった香典の金額に合わせて送ることができ、希望する商品を相手に選んでもらうことができる方法です。日用品から食料品まで揃っているので、アイテムのバリエーションも豊富です。

さらに、通販サイトからも選ぶことができます。店頭販売よりも金額が安い商品が多いことからも、全国送料無料となると費用対効果は高いです。のしも準備してもらうことができ、業者によっては定型文のお礼の文章も用意してもらえます。しかし、選ぶ際の時間と手間はかかってしまいます。その他としては、大手百貨店や流通ストアの通販サイトで購入すると、多くの場合割引価格で用意してもらえます。

インターネットの普及でお葬式の供養品を選ぶ際のバリエーションが豊富になり、上手に活用すれば費用対効果は高くなります。