お葬式の供養品ののしと、お礼の連絡を受けた後の対応

お葬式の粗供養及び香典返しをする際には、のしをつけることがマナーです。その記し方は、地域・宗派によって異なります。

仏式において、関東では表書きに志、水引は黒白の結びきりとなります。関西では、表向きに満中陰志、水引は黄白の結びきりとなります。神式の場合は、表書きに偲び草、水引は黒白結びきりです。そして、印刷紙に連の花を印刷されているものは、仏式で葬儀を行った場合にのみ使用します。キリスト教の場合は、表書きに志・偲び草と記し、水引は黒白結びきりとなります。この偲び草ですが、故人を偲ぶ気持ちを粗品に変えてお礼することを意味します。それぞれの宗派において、表書きの下には、葬家の苗字もしくはフルネームで記します。喪主が複数いる場合には、それぞれの名前を書く場合もあります。しかし、地域や代表者の考えによってはしきたりが異なる場合があります。予め葬儀会社や代表者に確認することがおすすめです。

その他としては、宅配便や通販サイトなどから送ってもらう場合は、品物の化粧箱にのしをかけた上から包装してもらう、内のしにすることが一般的です。輸送中にのしが傷む可能性を下げることと、お葬式の弔辞の贈り物を控え目にすることが大きな理由です。電話などで直接お礼を伝える方もいますが、その場合は丁寧な対応をするのみで構いません。

各宗派・地域によってのしの書き方は違うので、予め確認しておくと安心です。しかし、通販サイトなどから送る場合においては、内のしでの対応が無難です。